ソルースジェルの人気ネイルキットが
据え置き型のLEDライトと【無料】でペン型のLEDライトももらえる!



さらにジェルネイル検定でのネイルキット認定を獲得!!
【速報】ソルースジェルではLEDライトが無料でもらえる

ネイルキットにはハードジェルがいいの?

手軽にネイルを始めたいと考えた時に便利なのが、ネイルに必要な道具が揃ったネイルキットを利用する事です。
ネイルケアに必要な道具から、仕上げやオフに必要な道具まで揃った物であれば、1つ購入するだけで、本格的なネイルを始める事が出来ます。
マニキュアやジェル、ベースコートやトップコート、オフに使うリムーバー等、消耗品もありますが、道具類は一度購入すると長く使い続ける事が出来ます。
そんなネイルキットの中でも人気となっているのが、見た目が可愛いだけでなく、長持ちする事でも人気のジェルネイルです。
ジェルを硬化させるライトがセットになったネイルキットを購入しておけば、いつでも手軽にジェルネイルを楽しむ事が出来るようになります。
そんなジェルネイルにはソフトジェルとハードジェルがあります。
現在、ネイルサロン等で多く使われているのが、専用のリムーバーを使えば、爪に負担が少ない状態でオフが可能なソフトタイプのものです。
このソフトタイプのものは、オフしやすいだけでなく、柔軟性があり、衝撃を与えても割れたり、かけたりしにくい事も特徴のひとつとなっています。
それに対して、リムーバーだけではオフできず、オフの際に爪に負担がかかってしまう可能性があるのが、ハードジェルです。
ただ、このハードタイプのジェルは、硬度と透明度が優れているという特徴があります。
ソフトタイプは、爪に優しく柔軟性もありますが、その分、透明度はやや落ちる事になります。
そして、ハードタイプは、高い透明感と硬度を誇る為、ジェルの上にトップコートをする必要がありません。
ですから、透明感がある綺麗なジェルネイルをしたいと考えるのであれば、ハードタイプのジェルを選ぶと良いでしょう。
ですが、オフの際に爪を傷めてしまうのではないかと不安を感じるのであれば、ソフトタイプから始めてみると良いでしょう。
ジェルネイルのネイルキットを購入したいと考えた場合、ジェルにはハードとソフトがあるという事を覚えておく事が大切です。
そして、それぞれの特徴を考えながら、最適なジェルネイルのキットを選んでいく事がおすすめです。
ネイルサロンでは、まずソフトジェルを塗り、その上にハードジェルを塗っていくという使い方をしているサロンもあります。
この場合、表面はハードタイプの特徴である、硬度と透明感がある状態となりつつも、
爪に触れる面はソフトタイプで、爪に負担が少ない状態でオフが可能というメリットがあります。

 

ハードジェルはプライマーを使わなければいけない

ハードジェルを爪に塗る場合は、プライマーと言う爪とジェルをくっつけるための液体を塗らなければいけないんです。
このプライマーというのは、性質が酸性なので爪に負担がかかっちゃうんです。

 

そして、体質によると思いますがプライマーを使うとジェルネイルアレルギーを発症することもあるそうです。

 

ハードジェルの大きなデメリットとしては、そこが考えられます。
一方、ソフトジェルはプライマーを使う必要がないのでその分手間もかからないし安心感があります。

 

ハードジェルは爪の2分の1の長さまで出せる

ソフトジェルの場合だと、地爪の長さのまま施術することがほとんどです。
なので、頑張ってももっと下の爪の3分の1位しか長さを出すことができません。
でも、ハードジェルであればもともとの爪の長さに加えてさらに2分の1程度の長さを引き出すことができ、見た目が大きく変わってきます。
さらに、ハードゼルの方がソフトジェルに比べて透明感が強いので、控えめだけど品のあるネイルをしたい場合にぴったりです。

 

ハードジェルのオフの仕方

ソフトジェルの場合のオフは、ジェルネイルリムーバーを使って浮かせて落とす、といったような感じですよね。
ですが、ハードジェルの場合だと、まずジェルで長さを出した部分を大まかにニッパで切る必要があります。
そしたら次に地爪が見えるギリギリの部分まで、目が粗いファイルを使ってサンディングして、地爪がしっかりと見えてきたら、目が細かいファイルを使ってサンディングしてきれいに削ぎ落としていきます。

 

個人的な感想としては、ソフトジェルを経験してしまうと、ハードジェルのオフはかなり難易度が高くて面倒臭いです。

 

なので、こまめにオフしたりネイルをしたりを繰り返す方は、ハードジェルは苦痛に感じてしまうかもしれません。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページの先頭へ戻る