ソルースジェルの人気ネイルキットが
据え置き型のLEDライトと【無料】でペン型のLEDライトももらえる!



さらにジェルネイル検定でのネイルキット認定を獲得!!
【速報】ソルースジェルではLEDライトが無料でもらえる

ネイルキットでスカルプ対応はどれ?

ネイルのスカルプとは、爪に関する中でも長さを出したりする技術や補強する時に行います。

 

普段の自分の爪は短いけど長いネイルアートをしたいとか、
爪が二枚爪などになってしまうので爪を保護したい時などに使えるのです。

 

中には医療行為としても行われており、普段自分でつけるつけ爪とはまた使い方ややり方、
取り扱い方法が全く違うでしょう。
爪の保護や長さを出すためですので、自分で作り長さを出すことができるのです。
自分で作るということで自分によくフィットしますし、外れにくいのも嬉しいところです。

 

このスカルプですが、ネイルキットで作れるものもあります。

 

特徴としてはネイルキットにスカルプ用ジェルが付いているというものがあります。
これはネイルキットの中でも特にスカルプ対応しているものが当てはまります。
もちろんジェルネイル用のジェルでもできないことはないようですが、
おすすめはやはり専用ジェルを使ったネイルキットです。

 

嬉しいのは、自分でもできるということや自分でより綺麗にできるということでしょう。

 

例えば維持のために浮いてきたらメンテナンスが必要だったりするのも自分でできますし、
日によってアートやデザインを変えることもできます。
長さを変えたり見た目を変更することがやりやすいのも、ネイルキットならではのメリットでしょう。

 

また、曲がり具合をどうするか、自分でフィットしやすいデザインや内容を見極めるやり方もあります。

 

とはいえ、全体的にネイルキットの中でもスカルプは比較的人気があります。
もちろんジェルネイルのネイルキットを持っている人なら共通する所も多いため、
中には代用できるものもあるでしょう。

 

場合によっては専用のジェルさえ買えば、ネイルキットとして新しく買う必要が無い場合も出てきます。
ただ、初心者向けのネイルキットの場合はいろいろなアイテムもありますし、
やり方などが解説している物もあります。特にジェルとは理論や考え方が全く違いますから、
いちから学習した方がいい場合、そういう説明書などが充実しているものを選んだほうがいいでしょう。
どうしても自分の爪が長くなるので出来ることも増えてきて、
中には爪に穴を開けてピアスのようにしたりすることもできます。
特に専門的なアートやデザインをする人になると、工夫の仕方もいろいろなものを知っているようです。
いろんなことができるのがネイルアートの楽しいところで、ネイルキットを買えばいろいろな楽しみ方があるのです。

 

スカルプに適したジェルはどんなもの?

ジェルネイルに使われているジェルというのは、大きく分けると3種類のタイプが存在します。

 

  • ソフトジェル
  • セミハードジェル
  • ハードジェル

 

この3種類のジェルは硬さ(ジェルの粘度)で分けることができます。

 

スカルプは長い爪状のネイルなので、土台を作る場合は固めのハードジェルが適していて、
デザインやカラーリングを施す場合は少し柔らかめのジェルのほうがやりやすいといわれています。

 

これはジェルネイル自体がなれている方と、そうでない初心者の方でも変わってくるので、
まずは様々なデザインに挑戦してなれていくということが大事になってくるんです。

 

なんでも基本は大事って言われているようにジェルネイルにも基礎の部分は重要になるんですね。

 

ジェルネイルでスカルプチュアをやる方法

これから、ジェルでスカルプチュアを行うやり方を簡単にご紹介していきたいと思います。

 

文章だけだと一見難しそうに思えてしまうかもしれませんが、これを実際にやってみるとすごく簡単なので、スカルプチュアに挑戦してみたい方はぜひやってみてくださいね♪

 

①まずは自爪の長さいや形をネイルファイルで整えていく
(この時に自爪をできるだけ短く削っておくとネイルフォームで長さを出すときに楽になります)
②ネイルフォームを剥がして点線部分をカットしていきます
③自爪とネイルフォームの間に隙間ができてしまったときは、自爪の丸みにしっかりとフィットするようにシザーを使ってネイルフォームをカットして細かい部分の調整をします。
④長さを出したい爪には、ネイルフォームをとんがりコーンのように装着するのがポイントです。
⑤自爪の部分に、まずはベースジェルを塗ります。その後UVライトもしくはLEDライトで照らしてしっかりと固めます。
⑥次にエクステンションジェルをジェルブラシにとってから、ネイルフォームと自爪の境目に乗せます。そしてガイドラインの目安に沿って好きな長さまででエクステンションジェルを伸ばしていきます。
⑦再びエクステンションジェルをジェルブラシにとってから、字詰めの部分にもなってそれが均一になり次第LEDライトもしくはUVライトで照らしてしっかりと固めます。
⑧しっかりと固めることができたら装着していたネイルフォームを取り外します。
⑨次に形をしっかりと整えていくために、ジェルクリーナーをネイルワイプに取ってから表面の固まっていない部分のジェルを拭き取って行きます。
⑩ネイルファイルを使って長さや形を好みの状態まで整えていきます。
⑪表面の凹凸もネイルファイルを使って整えます。このようにまんべんなくサンディングしてから、その時に出てしまったダストをネイルブラシで丁寧に除去して、再びジェルクリーナーで表面を拭き取って行きます。何かアートを施したい場合は、このタイミングでアートおこないます。
⑫メイルの強さを引き立たせるためにも、ビルダージェルと言うジェルをネイルブラシにとって爪に乗せていきます。このようにして厚みを出していきます。
⑬爪の真ん中の線が1番高くなるようにしてジェルを伸ばしていきます。
⑭爪の先端にもしっかりとジェルを引っ掛けるようにして塗っていきます。このようにすることでジェルのリフトを防ぐことができます。
⑮ここで重要なのが、ライトで硬化させる前に指をひっくり返して指の腹が上を向くような状態にすること。
重力によって自然とジェルが爪の中央に集まってきて、きれいな形を作ることができます。
ある程度ジェルを爪の中央に寄せることができたら、ライトで照らして固めていきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページの先頭へ戻る