ソルースジェルの人気ネイルキットが
据え置き型のLEDライトと【無料】でペン型のLEDライトももらえる!



さらにジェルネイル検定でのネイルキット認定を獲得!!
【速報】ソルースジェルではLEDライトが無料でもらえる

ジェルネイルのライトの種類は・・・

ジェルネイルキットを新しく買おうと思った時には、やはりライトの種類から選ぶということがすごく大切になってくると思います。

ジェルネイル ライト 種類

何故かというとジェルネイルは一般的にソフトジェルネイルのこともジェルネイルと呼ばれていて、
それを固めるためのライトがいくつかの種類に分かれているからなんです。

 

大きく分けてジェルネイル用の効果ライトは主に3カテゴリのものに分けることができます。

  • UVライト(据え置き型タイプのみ)
  • CCFLライト(据え置き型タイプのみ)
  • LEDライト
  • (ペン型・据え置き型の2タイプがあります)

この3カテゴリ4タイプのライトは、ここでご紹介した順番に古いものから新しいものへと並んでいます。
つまりUVライトがもっと古くて、LEDライトがもっとも新しいということです。

 

その3つの種類のライトのそれぞれの特徴とメリットやデメリットといったところも紹介していきますので、
もし、ジェルネイルキットのライトの選び方で迷っていらっしゃる方がおられたらこのページを参考にして
自分の1番欲しかったジェルネイルキットのライトを選んでみてください♪

 

また、それに合わせて具体的にこのジェルネイルキットが良いのか
というところもこのページの延長線上で決められたらすごく手軽で良いですよね。
なので、そこの点までちょっと詳しく見ていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

ジェルネイルの硬化させるライトの種類を調べてみましょう。
ジェルネイル用のライトというのは先ほどご紹介した通り3種類(4タイプ)のものが存在します。
ジェルネイルのネイルサロンでも使っているライトは業務用ではあるものの、様々なタイプが使われています。
これから自分でジェルネイルをやってみようと思われている方には、
硬化の為のライトも選ぶ基準として知っておいていただきたいので、このページが参考になればいいなと思います♪

UVライト

ジェルネイル ライト 種類

従来からネイルエステでも使われてきた一般的なスタンダードなタイプのライトになります。
また、中の電球は蛍光管のような形をしていて、これがライトをこれ以上コンパクトにできない理由です。
中の電球はこのような形をしています。↓

ジェルネイル ライト 種類

UVといわれているのでわかるように紫外線の光でネイルを硬化させます。
ですので、爪だけではなく、光のあたる指などに日焼けの心配や皮膚がんなどの心配がされたりもしました。
専門家に聞いてみたら、実際にそういった心配なことが現実的になるのは相当な量の光の照射が必要らしいので、
敏感にならなくてもいいとの声がいただけました。
UVライトを使っているキットのほとんどがジェルネイルをぬった指先をまとめて光に照射させるタイプのものなので、
1本目の指と4本目などで硬化時間が違う(連続照射でランプが持つ熱が変わってくるため)など、初心者にはかえって難しいかもしれません。

LEDライト

LEDライトは電球の形が一個当たり1cm以下くらいの小さな『LEDチップ』と呼ばれるものになっています。

ジェルネイル ライト 種類

UVライトに比べて硬化する時間が早く、最近の流行でもあるライトともいえますね。

ジェルネイルのライトの種類

ライト自体も長寿命ですし、軽量コンパクトで持ち運びに便利というメリットは自分でジェルネイルをしようかなというユーザーさんにアピールするには十分な説得力をもち、
一気に流行になってきました。
また、光が直進性なのでピンポイントでの照射が可能なLEDの特性を生かして、光を当てたくない指先への配慮できます。
(UVライトのような蛍光管の光は“拡散性”と言って、爪以外の指の背とか手の甲とかの日焼けの原因になります)
硬化させたい部分へのアプローチは、ジェルネイルの初心者さんにとってはとても有効なライトに仕上がっています。

CCFLライト

ジェルネイルのライトの種類

UVライトとLEDライトの中間的なポジションのライトで、UVライトよりは硬化させる時間が短く、LEDライトよりは長くなってしまうライトになっています。
また、ランプ自体の寿命もLEDとUVの中間的なもので、コストもLEDよりは安いですけど、UVよりは少し高めの値段になっています。
ただしもともとは、このCCFLライトが現在のLEDライトのような次世代の照明用ランプ(ジェルネイルに限った話ではないそうです)に使われることを目的として開発されていたものなんだそうです。
ところが、10年近く前になりますが『青色発光ダイオード=LED』が発明されてCCFLライトは開発が終了。
現在では、光の性質が夜中の道路工事用の灯光器に使われるものになったようです。

ジェルネイルキットのライトの種類のまとめ

ここまで、ジェルネイルを硬化させるライトの種類を調べてみました。そうすると実際に値段や性能(ワット数)よりも実際に光の種類だとか性質といったところが1番大事になってくるということがわかっていただけると思います。
またこのページで1番お勧めしているLEDライトについては、ペン型LEDライトと据置形の大型のLEDライトがありますので、
どちらが良いかといったところに対しても比較をするページがあります。
ですのでもしLEDライトにすることが決まっていても最終的にどれにするのかをまだ決めていないと言う方は『LEDライト比較』のページも見てみてください。
このようにライトだけ見ると種類によって特徴も変わってくるのがわかると思います。あなたの使う目的に応じてネイルキットは選んでいけばいいと思いますよ♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページの先頭へ戻る