ソルースジェルの人気ネイルキットが
据え置き型のLEDライトと【無料】でペン型のLEDライトももらえる!



さらにジェルネイル検定でのネイルキット認定を獲得!!
【速報】ソルースジェルではLEDライトが無料でもらえる

自分でカラージェルを作って楽しむ♪

カラージェル

ジェルネイルは慣れてきたら、オリジナルのデザインやカラーを楽しみたくなる面白みを感じることもできます。
中にはそのまま資格を取得してネイリストさんになる方もおられます♪

 

そんな魅力的なジェルネイルを楽しむためにも自分だけのオリジナルなカラージェルを作ってみませんか?

どうやってカラージェルを作るの?

カラージェルの一番簡単な作り方は、カラージェル同士を混ぜる方法です。
ただし、メーカーが違うジェルだとか、その分量によっても混ざりにくかったりもします。
ジェル自体の粘度(テクスチャーの固さ)などもかかわってくるので、できるなら同じメーカーのカラージェル同士を混ぜることがおすすめですね。

 

また他の方法としてはクリアジェルに顔料を混ぜてカラージェルを作るという方法もあります。
ピカエースという粉末の顔料がこういったときに便利で、
カラージェルに混ぜることでオリジナルカラーを作ることができるのですが、
最近では『ダイソーインク』という一色あたり324円の顔料が売られているので、
そういった顔料を購入して来て『完全オリジナルのカラージェル』を作るというのもテンションが上がりますね♪
小学校の図工の時間に絵具を混ぜる感覚でできますよw

 

ピカエースというのはセルフネイリストの間でよく使われていて、1色あたり400円程度で買えるのと、カラーのラインナップが豊富なので色を選ぶ楽しみもありますよ。
ピカエースを何色か揃えておけば、色の組み合わせ次第で何十色ものオリジナルカラージェルを作ることが可能です。

 

クリアジェルにピカエースやラメを混ぜてもキレイですし、ホワイトジェルにピカエースを混ぜてミルキーカラーにしても可愛いですよ♪
シャーベットカラーやスパークルカラーなど自分で作れるようになったら楽しみももっと増えていきますよ♪
ピカエース以外の顔料では、100円ショップで売られているスタンプ補充液やアクリル絵の具も使えます。
ただし、これらはジェルへ混ぜる量が多いとネイルがしっかりと硬化しないため、ちょっとずつ混ぜるようにしてください。

カラージェルを自分で作るときに必要な道具

  • パレット
  • ジェル保管用の容器
  • ジェルブラシ(混ぜれるなら他のものに代用してもOK)

カラージェル同士を混ぜたり、ジェルに顔料を混ぜるときにはパレットがあればとても便利ですよ。
ネイルサロンのようなパレットでなくても、100均とかで売っているような絵具用などでもいいと思います。
自分の使いやすい、ジェルを混ぜるためのものであれば工夫次第でいろんなものが使えますもんね。

 

私の友人は使い捨てもできる子供のシールを使い終わった台紙にジェルを出して使ってますからね♪
自分で作ったお気に入りのカラージェルを保管する場合は、ジェル専用の容器で保管しましょう。
気に行ったカラージェルができたら、それを保管しておくことでまた次の機会に使えますから、ジェル用の容器がスペアとして数個あったほうが便利です♪
専用の容器でないと、日常の紫外線を浴びて少しずつですがジェルが硬化してしまいます。紫外線が入らないジェル専用容器に保管すれば繰り返し使えます。

 

セルフネイルは楽しみ方次第でどんどん魅力も膨らんでいきます♪
ジェルネイルであなたなりの楽しみ方見つけてみてくださいね。

 

自分でカラージェルを作ろう♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページの先頭へ戻る