ソルースジェルの人気ネイルキットが
据え置き型のLEDライトと【無料】でペン型のLEDライトももらえる!



さらにジェルネイル検定でのネイルキット認定を獲得!!
【速報】ソルースジェルではLEDライトが無料でもらえる

ハンドケアマッサージでママのネイルもきれい&疲れ・ストレス解消

普段食事の終わった後の食器の洗い物やお洗濯、
赤ちゃんがいるな方なら赤ちゃんのお世話、このような感じでママの体は随分酷使されています。

 

そのような厳しい条件で使われているママの手を
ちゃんときれいにしてあげるためのケアというものが自宅でできる簡単なものがあるんです。
その方法をこのページではご紹介していきたいと思います。

 

せっかくネイルのために体を美しくするという目的でハンドマッサージをセルフでやるわけですから
せっかくなので自分自身の普段の家事の疲れやストレスも取り除いてしまいましょう。
ちゃんとそのためのツボがあるんですよ♪

 

ママの手がきれいで、ママが元気で笑顔でいると、家族全員が幸せに過ごせますよ♪

 

ママネイルプロジェクトでは、ハンドケアもネイルをより魅力的に見せる大事なポイントだといっています。
いくらジェルネイルがきれいであっても、手肌が美しくないとその魅力も半減するからという点で、私もそこは大きく同意しました。

 

ジェルネイルの画像でネット検索をかけると、流行ということもあってたくさんの画像がヒットします。
ブログなどでネイルを紹介する人もたくさんおられます。私から見ても、このデザインやアイディアいい!!と絶賛することも多いのですが、そのネイルと共に手の指のしわやくすみなども目についてしまい、やはりハンドケアって重要だなと感じます。

 

では、ママネイルでのハンドケアはどういったものなのでしょうか?

ママネイルの爪自体のケア

家事や育児をされている方は指先がガサガサになりがちですよね。
特に爪の根元の甘皮ケアが不十分だと、健康な爪も育ちにくかったり、ささくれの原因にも。
指先にキューティクルオイルを塗って、ケアしたい指を親指と人差し指ではさんで持ち、親指の腹でマッサージするように塗りこみます。

ママネイルのハンドマッサージ

マッサージをすることで、手のむくみ、透明感、肌の明るさをいい状態に持っていきましょう。
指の付け根から指先に向かって親指の腹でくるくる螺旋を描きながらマッサージ。
↓↓↓↓↓
指の付け根から指先に向かって心地い強さで引っ張ります。
↓↓↓↓↓
ケアしたい指の側面をゆっくりおさえて、数回繰り返します。

ママネイルのハンドケア

毎日のお皿洗いから手肌のケア

ママさんの手荒れの原因は、毎日のお皿洗いというのが一番多いそうです。
その際、やはり手肌にやさしい洗剤選びというのも大事なポイント♪
ママネイルでは、P&Gさんのジョイモイストケアをおすすめしていますが、あなたにピッタリなハンドケアを見つけるのも、ジェルネイルの魅力をよりあげる要因になるので、ぜひ考えてみてください♪

 

冒頭で、ジェルネイルの仕上がりを左右する手をハンドケアするなら『疲れやストレスも取り除きましょ♪』とご紹介しました。

 

そのツボは2カ所あります。
特にオススメなのは手のひらの中心にある『労宮(ろうきゅう)』というツボです。
このツボを刺激することによる効果は・・・

  • ストレス、
  • 自律神経の調整
  • 疲れているときの全身の活力アップ
  • 女性ホルモンのエストロゲンの分泌UP

これらを身体の内側の神経伝達から高めてくれます。
体調不良をすっきりさせる効果も期待できます。

 

この労宮のツボ刺激のやり方は、手のひらの中心にあるツボの労宮を人差し指で強くを押した状態から
その指の圧力を変えないまま親指の反対側のほうに労宮を押している指を滑らせて外していきましょう。

 

またもう一つのツボとしてあるのが親指と人差し指の付け根の間にある『合谷(ごうこく)』というツボです。
このツボの効果は・・・

 

美容全般や頭痛、蓄膿症、花粉症、難聴、耳鳴り、肩こり、喉の痛み、いびき、風、五十肩、寝違え、神経過敏、精神不安、入眠困難、めまい、物忘れ、無気力…
このような具合ではっきり言って体の全ての悩みに対してこのツボで解決ができるくらい効果の幅が広いんです。
ちょっと疲れたなぁと思った時にこのご報告をマッサージするだけでも体が少しスッキリしますよ。

合谷のマッサージの仕方

左手の石をマッサージする場合は右手の親指と人差し指で親指と人差し指の間のツボの合谷を
手のひらと手の甲側の方からしっかりと親指としたら指指握ります。その状態で強く凹み跡が残る位に押しましょう。

 

ママネイル@家事や子育てをしながら自分磨き

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページの先頭へ戻る