ソルースジェルの人気ネイルキットが
据え置き型のLEDライトと【無料】でペン型のLEDライトももらえる!



さらにジェルネイル検定でのネイルキット認定を獲得!!
【速報】ソルースジェルではLEDライトが無料でもらえる

ネイルの種類

魅力的なジェルネイルにも種類が存在します。
デザイン的な種類もそうですが、分類としても存在しますし、
そういった種類もいろいろしっておいたほうが、
ジェルネイルの魅力を満喫することにもつながります♪

 

この種類は今後もいろいろと増えてもいくでしょう。時代の流行などもあります。

 

しかし、指先や足先のおしゃれを彩るジェルネイルというのは種類が増えても、その魅力は変わりません♪
おしゃれに敏感な方にはぜひ取り入れてほしいものですね♪

 

ジェルネイルは大きく分けてハードジェルとソフトジェル(ソークオフジェルともいう)に分類されます。
両者の違いは仕上がりのネイルの硬度が一番の違いになります。
またソフトジェル(ソークオフジェル)とはアセトン溶剤などのリムーバーで
オフできるタイプのジェルのことをいい、溶液で簡単におとせるかどうかも違いのポイントになります。

 

バイオジェル

バイオジェルとは、バイオスカルプチュアジェル社が開発したジェルネイルで
人口の付け爪です。
スカルプチュアとも呼ばれていて、最近ではジェルネイルを長く伸ばしたタイプというポジションで認識されています。

 

カルジェルよりも最新のジェルネイルで。自分の爪になるべく負担を掛けないように開発されたものであり、
自分の爪をほとんど削らずに済むというメリットがあるのです。

 

柔軟性にもすぐれて、クリアな発色があり人口爪にもかかわらず付け心地もいいのが人気の理由です。
バイオジェルはヨーロッパを中心に世界25か国以上もの国々で愛用されており、もちろん日本でも人気が高まっています。
バイオジェルはファイリング(ネイルの施工前に爪を削ること)が不要なので、
爪に負担が掛からないだけでなく、
スカルプチュアのように散布するプライマー(強い接着剤)を付ける必要がなく
専用の溶液で取り除けるのでそういった手軽さもポイントになります。

 

また、バイオジェルとは爪の補強にも繋がるという魅力があります。
強度がありますので、爪がすぐに欠けてしまう、薄くて悩んでいる人にもぴったりですね。
その上、長さも出す場合にも適していますので、
好む女性は多いと言われています。爪のトラブルに悩んでいる方にもお勧めできるジェルネイルになります。
ツヤもあり、効果が長持ちするというメリットもあります。トップコートを塗る必要もありませんし、
自分でもメンテナンスしやすいと言えますね。自分の爪とも密着しやすく、
浮きにくいという特徴もあります。カビが生えにくいですので、爪に対するトラブルも避けられますね。

 

カルジェル

カルジェルは、バイオジェルと同じソフトジェル(ソークオフジェル)の分類です。
違いは、日光(紫外線)によって変色してしまう性質があるので、
自宅でのアフターケアとして週に一度UVカットトップコートを自分で塗り直す必要があります。
メリットはバイオジェルよりも色の種類が多いために、硬さや強度はバイオジェルに劣るものの、そういった魅力はあります。

 

 

これらのほかにネイルの種類としては、マニキュア、ネイルシールという選択肢もありますね。

 

ネイルシール

職種や学校の内容によってはネイルをすることができない場合があります。
そのような場合、ネイルシールという選択肢もありだと思います。

 

最近のネイルシールは、ジェルネイルのようなぷっくり感をだせるものや、つやつやの
かわいらしいデザインのシールもあるし、それらの商品も身近なところで購入することができるように
なってきているし、子供でもネイルを楽しめる方法としても注目されています。

 

ネイルシールのメリットとしても、爪をいためたり、その日だけの楽しみができるという面ではとても意味のあるものに
なりますね。

 

シールなのでお皿洗いなど家事には向いていませんが、様々なデザインがすでにシールとして
実現できているので、あとはどれをつけようかなという視点で楽しめるというわけなんです。

 

ジェルネイルとマニキュアの違い

ここまで説明したのは、ジェルネイルの種類なのですが、いまだマニキュアも人気のあるネイルでもあります。
ここではジェルネイルとマニキュアの違いを見ていきましょう。

 

ジェルネイルは、ネイルサロンなどでやってもらうと相場では両手で5000円~1万円くらいです。
維持という面では、2週間から3週間、長くて4週間持つという方もおられます。
硬化時間は、使うLEDライトの性能がかかわってくるのですが、
一つの爪で数分で終わります。
もちろんデザインやカラーリングによっては多少の違いはあるのですが、全国的に相場を調べるとこのような金額になるようです。

 

マニキュアの場合は、やってもらうと相場としては両手で2000円~5000円くらいなんだそうです。
ジェルネイルと違い、持ちは悪く長くても1週間~2週間です。
乾燥としてはしっかりと硬化させるためには、24時間必要な場合も必要です。
また、マニキュアの場合は中には爪への着色の恐れがあるものもあるので注意が必要らしいですね。

 

日本国内でジェルネイルが流行している理由

近年の日本では、ネイルサロンに通うと言うよりも、マニキュアを塗ると言うよりも、セルフネイルをするために自分でネイルキットを購入して、ジェルネイルをする方が増えてきています。

 

それはいったいなぜなのでしょうか?
理由は人によって変わってくると思いますが、

  • コストパフォーマンスの良さ
  • 自由度の高さ
  • ジェルの固まりの速さ、オフの簡単さなどの手軽さ

など、いろんな要因があるかと思います。
ジェルネイルキットは大体10,000円前後でそれなりのものが手に入るので、1回行けば10,000円位するネイルサロンと比べると、コストパフォーマンスは圧倒的に違いが出てきますよね。
また、先程の段落でもありましたが、マニキュアとジェルネイルでは持ちの良さも大きく違いが出てきます。
個人的な感想としては、いろんなネイルの種類がある中でも、デメリットが限りなく少なくてメリットが多いのがジェルネイルだと感じます。

 

実際にそういったジェルネイルの魅力によって、ネイルサロンを卒業して自分でセルフネイルをする女性も多いんですよ。
コストパフォーマンス面で言うと、ネイルサロンに通わなくなると言うことを考えると、1回10,000円位だとすると、年間で120,000円のお金を浮かすことができるわけです。

 

ジェルネイルの場合は、最初にネイルキットを10,000円程度で購入してしまえば、後は筆がだめになったらそれだけ買い換えればいいし、ジェルがなくなれば数百円で追加で購入すれば良いだけです。

 

セルフネイルをすることに抵抗がある方でも、最近ではYouTubeでわかりやすい解説動画がたくさんありますので、誰でも簡単に始められてすぐに上達できますよ♪

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページの先頭へ戻る